国境なき合唱団 チャリティー・ツアーコンサート: 出演者プロフィール
­

 

    <第一部:日本の歌>

 
   
 
 北海道釧路出身。日大芸術学部音楽学科卒業、同研究科修了。日大芸術学部音楽学科講師。
 
 オペレッタ、オペラ、第九、メサイヤ、レクィエム、ディナーショー、サロンコンサート、テレビ、
 
 ラジオ出演等も数多い。
 
 また合唱指導でも評価が高く、荒川区民フィルハーモニー合唱団、オペレッタ協会コーラス部
 
 「ウィーンのひびき」、合唱団「つつじ」、仙台オペレッタコーラス「ウィーンの散歩道」常任指揮者、
 
 JALアカデミー講師、2007年第一回ウィーン公演より「国境なき合唱団」合唱指揮を務める。
 
 

   
 

 国立音楽大学ピアノ科卒業。声楽のリサイタル、オペラ、オペレッタ、合唱団等の伴奏ピアニストとして
 
 多数コンサートに出演し、共演者から信頼をよせられている。1992年、日フィル荒川支部後援の
 
 「ピアノトリオの夕べ」と題したコンサートにおいて、日本フィル交響楽団主要メンバーと、フランク、
 
 ドビュッシー、ハイドンを共演し好評を得た。1997年、埼玉県和光市主催ブリリアントコンサートに
 
 「2台ピアノの夕べ」で出演。
 
 2002年、現在も常任ピアニストを務める荒川区民フィルハーモニー合唱団「第15回定期演奏会」
 
 においてベートーヴェン作曲「合唱幻想 曲」のピアノソロを好演。2007年第1回ウィーン公演
 
 (楽友協会)より「国境なき合唱団」ピアニストを務める。